はじめて一人で行く海外旅行 in タイ(Thailand) Part1

スポンサーリンク

こんにちは。気がついたらもう12月ですね・・・・最近は家族の行事や仕事が多忙で自宅でパソコンを触れる時間をつくることができず半年近く放置していました^^;

少し前にはなりますが、妻が許可してくれたこともあり、人生で初めて家族を置いてタイに旅行に行ってきました。その時のことを記録も含めて記事にしていこうと思います。

タイってどんな国?

日本からタイまでの距離は4,312kmです。「東京~大阪」が1直線で約400㎞なのでその約11倍遠い距離になります。飛行機での移動時間は約7時間です。

 首都:バンコク

 通貨:バーツ

 言語:タイ語

 時差:-2時間(日本時刻より)

 空港:スワンナプーム国際空港

タイは親日国?

日本語が街中で通じるかというとそういうわけではありませんが、街の人たちはこちら側が話していることを理解してくれようとしてくれます。日本語より英語のほうが通じやすいと感じました。

上の写真にあるように街中で日本語らしき漢字を目にする機会はとても多いです。

※お寿司屋さんのようですが仙台のつづり間違えてますね(笑)こんな感じで面白い表記を目にすることもたくさんあります。現地の人と少し話しましたが日本語の「橋」「箸」「石」「意思」など覚えるのが難しいと言っていました。

サイアム駅付近は渋谷と原宿をまとめたような若者の街って感じがありとても活気がありました。

空港からの移動手段

空港からの移動手段は複数ありますが、到着した時点で私は現地通貨を持ち合わせていないため、タイに到着して10,000円をバーツに両替しました。この時がおよそ2,700バーツでした。物価が安いことは知っていたので空港では多くは両替せず足りなくなればカードでなんとかなるんだろうと思っていました。※これが後々大変なことに・・・・(Part1以降に書いていきます)

種類 価格帯
定額送迎サービス 高(トラブル少)
ARL(エアポートレールリンク) 安(トラブル小)
タクシー 高~中(トラブル多)

 私は事前にまったく調べることなく現地に行ったので定額送迎サービスは選択肢にありませんでした。市街地までタクシーもしくはARL(エアポートレールリンク)のどちらかになりました。※ほかにも送迎の種類もあるようですがこの3点が一般的ではないかと思います。

バーツの推移

参考までにバーツがどの程度のレートで取引されているのいるのか情報をあげておきます。

為替なので価格に変化はありますが、最近では1バーツ3.6円程度で推移しているようです。ビジネス以外で旅行をする場合そこまで為替レートを気にしながら旅行することはないと思います。

ARL(エアポートレールリンク)

価格帯としては一番安価に市街地まで移動することができます。価格帯も15~45バーツ(日本円60円~200円「※1バーツ4円計算」)

しかし、一人での旅行で最初から不安なことが・・・・

チケットを購入する方法は2つ

「自動券売機」もしくは窓口」での購入です。

一人で旅行に来てただですら不安なので窓口はとりあえず最終手段にすべくと自動券売機に足を運びました。

言語設定は「タイ語」でした。。。。。

私は、英語が若干できる程度でそれ以外の言語は無知なのでどうするべきかと悩んでいると後ろの人が肩を叩いてくれました。現地の人なのかわかりませんが指さしてくれた先には・・・・「English」!!!

 私はこれを待っていました。無事にチケットを購入することができました。

「が・・・・!」

この「黒いコイン」みたいなやつとおつりがでてきました。これがどうやらチケットのようです。しかしどうやって使うの?

改札機を見る限りコインを入れるスペースは無さそう・・・・

きょろきょろしていると周りの人たちが写真でいう黄色いところにコインを「タッチ」していきます。

なるほど!

このコインはICチップが入っているようで日本でいうSuicaみたいな感じで使えるようです。切符がない分日本よりエコですね。

下車するときにはこのコインをいれる穴にいれて改札機を通過することができるようです。日本よりも環境を考えて設計されておりすごいな!と感じました。

定額送迎サービス・タクシー

タイ(バンコク市内)では車やバイクなどの渋滞がとてもひどくタクシー類を使用するよりも鉄道が使えるところを使ったほうが価格的にも時間的にも正確に移動することができるようです。

しかも空港でタクシーを拾う場合価格がかなり異なる場合が多くトラブルも多いそうです。

私もタクシーの値段を聞きましたが一人でいることもあり、鉄道のほうが圧倒的に安かったため断りました。今回の旅行の中でタクシーを利用したこともありますが時間は本当に読めない感じです。通常20分程度でいけるところも渋滞にはまると倍以上の時間がかかることも当たり前みたいな・・・

荷物が大量にありグループ行動をしている場合は、タクシーを使うことも仕方ありませんがそれ以外の場合は避けたほうが良いように感じました。

まとめ

長くなったのでPart2で続きを書いていきたいと思います。「タイ語」難しいですね・・・・数日滞在しましたが挨拶などをするのがやっとで話せるまで英語以上に時間がかかる気がしました。

 空港から移動する場合、鉄道で移動できる範囲は利用したほうがいいような気がしました。空港のタクシーほんとうに高いんですよ・・・・しかも価格が日本円ではないのでなお分かりにくいです。

 市内でタクシーを利用しましたがメータータクシーでもなかなか回してくれません、なので最初に目的地を話して価格が合致したら乗るみたいなイメージで数回利用しましたが、価格も同じ区間でも異なったりでとても困りました^^;旅行をする場合、事前に準備する必要がありますね!私の場合、国内ではほとんど下調べせず、機内でタイのガイドブックをkindleで読む程度でほぼ無知で行ってるので本当に最初大変でした。必ずある程度は調べたほうが良いですね(笑)

はじめて一人で行く海外旅行 in タイ(Thailand) Part2

はじめて一人で行く海外旅行 in タイ(Thailand) Part3

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です