はじめて一人で行く海外旅行 in タイ(Thailand) Part2

スポンサーリンク

久しぶりの更新で少し更新の仕方や仕様変更などで戸惑うこともありますが、マイペースで更新していきたいと思います。今回の旅行記は宿泊場所や行く過程については省略させていただきます。なぜかというと、私自身宿泊場所は参考にはなるものの同じ場所に泊まることや飛行機の航空会社は個人により異なるのであまり参考にならないのでは?と考え今回は省略させていただきます。

タクシー事情について

 こんな感じで駅の周りには基本的にタクシーが多いです。タクシー会社の数を調べると数社あるようですが、基本的にどのタクシーも利用した感じでは価格帯は似たような感じでした。

 というのも、私の探し方が悪かったのか基本的にタクシーを利用する場合のパターンが決まってきます。

 1.駅到着後目的地までの移動手段(ホテルまでなど)

 2.鉄道の価格帯に若干+αするが時刻を気にせずすぐに動ける

 3.ホテル・駅付近にいるタクシーコーディネーター

私が経験した結果この3点が特に多く感じました。そして、価格帯もかなり異なります。

  目的地 価格
1. 駅到着後目的地までの移動手段(ホテルまで) 交渉次第
2. 鉄道の価格帯に若干+αするが時刻を気にせずすぐに動ける 交渉次第
3. ホテル・駅付近にいるタクシーコーディネーター 交渉次第

 価格に関しては、特にバンコク市街はいい加減な価格幅で、合意したら乗るもしくは値下げして乗車みたいな感じでした。同じ区間を乗車した際に、行き300バーツ(約1200円)、帰り150バーツ(約600円)というのはよくあることで、基本メータータクシーであっても、メーターを回すタクシーは私が居た期間の間では会うことができませんでした。メーターを回すのは目的地到着ぎりぎりに回して35バーツとか・・・・差額をどう処理してるのか疑問がとても残りました。

 そこで、私も初日はご祝儀というか仕方がないといことで払いましたが、今は便利な時代です。検索をするとタクシー以外にも便利な移動手段があることがわかりました。

タクシー以外の移動手段は?

タクシー以外の移動手段は2つありました。

1.トゥクトゥク(軽トラの箱乗りに近いもの)

2.GrabTaxi(Uberのアジア版、白タク)

この2つがあることを知りました。

トゥクトゥク

繁華街や観光客が多い場所に、多く存在するタクシーに近い乗り物です。見ての通りエアコンなどなく雨が降っても良いように傘がある程度です。

タイ(バンコク)ではVIPと書かれているシートが多く、流行っているのかそれともそういったグループなのはわかりませんが多く目にします。

ちなみに、私も1度乗車しましたが、これ意外と早いんですよ・・・・私が乗ったトゥクトゥクは速度計が壊れていたのか速度を示すメーターは動かず運転手の感覚で走っていました(;’∀’)燃料はガソリンではなくガスを利用しているようで長く乗車していると給油する場面に遭遇することもできるようです。(その時間も含め利用料金に含まれていると思われます) 

価格についてはタクシー同様に要相談です。価格がマッチングし目的地まで到着してお金を払うシステムです。

実感的にタクシーよりも1割~2割程度安い感じでしょうか・・・・

GrabTaxi

 ※Grab公式ページより引用

 Grabとはなんぞやとなる方が多いと思いますが、アメリカで有名なUberと似たようなサービスになります。昔は、「Uber」と「Grab」両方ともありお互い頑張りながらサービスを行っていたようですが、Uberがサービスを辞め「Grab」のみに近年なったようです。

 「Grab」しかり「Uber」もそうですが、基本的に日本でいうところの白タクです。タクシー事業者ではなく個人が副業に近い感じで行っているサービスです。日本では参入が難しいので「Uber Eats」といった形で最近では知られるようになりましたね。

 この「Grab」は基本的に事前にクレジットカードでの決済です。そのため、乗る場所、目的地を明確に示しユーザー(利用者)が納得した金額で乗車することが可能です。

 この画面で7回利用していますが、1度辺鄙なところへ行こうとした際に相手方から断られキャンセルを実行しています。このサービスについて詳しくは理解していませんが、受け手側からキャンセルをするとペナルティを受ける仕様のようで頼むからキャンセルしてくれと言われキャンセルを1度しました。

 価格帯からするとタクシーの半分以下で乗車することが可能です。同じ区間を2度利用しましたが以下の通りになりました。

区間 タクシー GrabTaxi
A~B 250バーツ 75バーツ
B~C 150バーツ 100バーツ

 基本的に、メーターを回してくれるタクシーに遭遇することができず正規の価格はわかりませんが、すくなくともGarbTaxiを利用したほうが安いことがわかり2日目以降はタクシーやトゥクトゥクを利用することはありませんでした。

まとめ

今回は、タイでの移動手段について旅行者が利用するであろう視点からまとめてみました。結論から言うと交渉能力を持ち合わせていない、もしくは交渉する時間がもったいない人は「Garb Taxi」をおすすめします。事前に価格を知ることができそれ以上請求されることもありません。しかも、タクシーでは基本的にキャッシュ(現金)のみしか使えないためクレジットカードが使えることは大きな利点でもあります。

観光地に行く際に、タクシーと交渉しましたが「Garb Taxi」の画面を見せるとあきらめて近寄ってこない人が多いので価格帯での勝負はかなり厳しいのではないかと感じ取ることができました。市街を歩いているとタクシーを多く見ますが、ちゃんとメーターを回してくれれば「Garb Taxi」とか使わずに使うのに・・・と感じた私でした。

はじめて一人で行く海外旅行 in タイ(Thailand) Part1

はじめて一人で行く海外旅行 in タイ(Thailand) Part3

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です