ANA(全日空)が発行するスーパーフライヤーズカード(SFC)ってなに!?メリット・デメリットは?

スポンサーリンク

ANA(全日空)が発行するスーパーフライヤーズカード(SFC)ってなに!?メリット・デメリットは?

 ANA(全日空)の飛行機をよく利用する人なら聞いたことがあると思いますが、日本の大手航空会社ANA(全日空)・JAL(日本航空)ではステイタスを言われる制度が存在します。ざっくり説明すると空港内で航空会社のラウンジを無料で利用できたり、通常の人よりも早く搭乗できる優先搭乗、航空券を予約するときの選べる席に差があったり、最上級のステイタス(ダイヤモンド会員)の場合マイルの有効期限がそもそもなくなったり(厳密には延長)されたりします。しかし、このステイタスといわれる制度は1年間有効で翌年利用する場合は昨年の搭乗回数によって異なってきます。しかしながらANA(全日空)の場合、スーパーフライヤーズカード(通称:SFC)を発行することができればすべてではありませんが一部のステイタス会員同様にサービスを受けることができます。

 今回はそんなスーパーフライヤーズカードについてご紹介していきます。

ANA(全日空)のステイタス条件とは?

1年間のプレミアムポイント数で、翌年度のプレミアムステイタスが決まります。(ANA公式ページより抜粋)

とあります。そもそも飛行機をあまり利用しない人には聞きなれないワードがありますね。プレミアムポイントって?なに?マイルとは違うのとなることが多いと思います。私も最初はプレミアムポイントってなに?って感じでした。

プレミアムポイントとは

プレミアムポイントとは通常のマイルとは異なり買い物やクレジットカード会社の決済で貯まるポイントとは異なり、プレミアムメンバー(ステイタス会員)の認定をするために毎年1月~12月の1年間で登録されるポイントです。

ANAの公式ページよりログインしANAマイレージクラブをクリックするとマイルやANASKYコインの残数がでてきます。その横にプレミアムポイント/ANAグループ運航便分と書いてあるところが今回見てもらうところです。

 通常のマイルとは異なり、1年間で貯めることができるポイントです。通常ステイタスを維持もしくは新たにステイタスを取るとき以外で気にする必要がないポイントでもあります。

プレミアムポイントを貯めるとどうなるの?

 プレミアムポイントを1年間で一定数貯めることで得ることができるのがステイタスです。ステイタスの種類には次の種類があります。

・ブロンズステイタス

 1年間で30,000~49,999ポイント(うちANAグループ運航便利用15,000)獲得するともらえるステイタスです。

 マイル・アップグレードポイントを利用してANA Loungeを利用することができます。

・プラチナステイタス

 1年間で50,000~99,999ポイント(うちANAグループ運航便利用25,000)獲得するともらえるステイタスです。80,000ポイント以上獲得するとステイタスのほかに「ANA SUITE LOUNGE」の利用権を3枚もらうことができます。

 ブロンズステイタスとは異なりマイル・アップグレードポイントを使用することなく一定の人数までANA Loungeを利用することができます。

・ダイヤモンドステイタス

 1年間で100,000ポイント以上(うちANAグループ運航便利用50,000)獲得するともらえるステイタスです。150,000ポイント以上獲得するとステイタスのほかに「特別仕様ネームタグ」と「オリジナルバゲージタグ」をセットをもらうことができます。

 ブロンズステイタス・プラチナステイタスとは異なりANA Loungeのほかに「ANA SUITE LOUNGE」を利用することができます。

 それぞれのステイタスの詳細については別記事にてご紹介いたします。

プレミアムポイントとマイルの違い

今回の例は羽田空港から沖縄の那覇空港までANA SUPER VALUE 75(利用運賃:運賃7)を通常のマイレージ会員が利用した場合のシミュレーションです。羽田空港~那覇空港で片道で738マイル、プレミアムポイントは1,476ポイント貯まります。

次の例はこちら

 先ほどと同様に羽田空港から沖縄の那覇空港までANA SUPER VALUE 75(利用運賃:運賃7)をダイヤモンドステイタス(2年以上)なおかつANAゴールドカードを持っている場合のシミュレーションです。羽田空港~那覇空港で片道で1,697マイル、プレミアムポイントは1,476ポイント貯まります。ステイタスがあるとマイルをもらえる量は変わるもののプレミアムポイントを取得できるポイント数には変化はありません。

 プレミアムポイントを取得するうえではすべてのマイレージクラブ会員がキャンペーンなどを除き基本的にはポイント数に差ができることがありません。

毎年ステイタスを維持するのって・・・・

 ブロンズステイタス・プラチナステイタス・ダイヤモンドステイタスそれぞれは1年間で獲得したプレミアムポイントの数により翌年1年間のステイタスを得ることができます。そのため、1年目頑張って搭乗しダイヤモンドステイタスを獲得しても翌年一切搭乗しなければステイタスは無くなってしまいます。そのため、ビジネスマンもしくは旅行好きの一部の人を除きステイタスを維持し続けるのはなかなか難しいです。ダイヤモンドステイタスを国内路線で維持し続けるためには年間約100万円以上航空券を購入し搭乗する必要があります。

ステイタスを格安で維持する方法

 毎年毎年飛行機をたくさん乗ってステイタスを維持し続けるなんて無理!って人にはこちらがおすすめです。ずばり「スーパーフライヤーズカード」(通称:SFC)です。

スーパーフライヤーズカードってなに?

スーパーフライヤーズカードは「ダイヤモンドサービス」メンバー、または「プラチナサービス」メンバーのお客様がお申し込みいただけるクレジットカード機能付・年会費有料のカードです。(ANA公式ページより抜粋)

 簡単に説明するとプラチナステイタス・ダイヤモンドステイタスに到達した人が申し込むことができるクレジットカードです。年会費を支払い続ける限り「スターアライアンスゴールドメンバー」となり、各ステイタス会員で得ることのできるサービスの一部を利用し続けることができます。

 例えば国内線ではANA Loungeを利用することができたり優先搭乗もすることができます。

私は2017年にプラチナステイタスを取得し2017年度は事前プラチナ会員、2018年度はプラチナ会員、2019年度以降はスーパーフライヤーズ会員です。私のイメージでは

ブロンズステイタス>スーパーフライヤーズ>プラチナステイタス>ダイヤモンドステイタス

のイメージです。ブロンズステイタスよりはスーパーフライヤーズ会員の方が良いサービスを受けれると感じます。

スーパーフライヤーズ会員入会資格

・「ダイヤモンドサービス」メンバー

・「プラチナサービス」メンバー

・「ダイヤモンド事前サービス」メンバー

・「プラチナ事前サービス」メンバー

・ANAグループ運航便の搭乗で100万ライフタイムマイルに到達

以上の5つの条件のうち1つに該当すると入会申込することができます。

※スーパーフライヤーズカードを発行するまでについてはこちらの記事を参考にしてください。

【最速申請!】プラチナ事前サービスからスーパーフライヤーズカード発行するまでの手続き方法

【最速申請!】プラチナ事前サービスからスーパーフライヤーズカード発行するまでの手続き方法

スーパーフライヤーズカードの年会費

 前述しましたが、スーパーフライヤーズカードは「ダイヤモンドサービス」メンバー、または「プラチナサービス」メンバーのお客様がお申し込みいただけるクレジットカード機能付・年会費有料のカードです。(ANA公式ページより抜粋)

 そのため、スーパーフライヤーズカードを維持するためには年会費がかかります。

本会員の年会費

カードの種類 カードブランド 年会費

ワイドカード

VISA・JCB・マスターカード 11,275円

ワイドゴールドカード

VISA・JCB・マスターカード 16,500円

ダイナースカード

ダイナースクラブ 30,800円

アメリカン・エキスプレスゴールドカード

アメリカン・エキスプレス 34,100円

JCBカードプレミアム

JCB 77,000円

VISAプラチナ プレミアムカード

VISA 88,000円

アメリカン・エキスプレス・プレミアムカード

アメリカン・エキスプレス 165,000円
ANAダイナース プレミアムカード ダイナースクラブ

170,500円

※8種類のカードが切替可能なカードになります。(2021年1月時点)

スーパーフライヤーズカードを発行するメリット・デメリット

スーパーフライヤーズカードを発行するメリット

家族カードを発行すると家族もプレミアムポイントに関係なくスーパーフライヤーズカードを発行することができる。

家族会員(家族カード)の年会費

カードの種類 カードブランド 年会費

ワイドカード

VISA・JCB・マスターカード 5,610円

ワイドゴールドカード

VISA・JCB・マスターカード 8,250円

ダイナースカード

ダイナースクラブ 11,550円

アメリカン・エキスプレスゴールドカード

アメリカン・エキスプレス 17,050円

JCBカードプレミアム

JCB 4,400円

VISAプラチナ プレミアムカード

VISA 4,400円

アメリカン・エキスプレス・プレミアムカード

アメリカン・エキスプレス 無料(4枚まで)
ANAダイナース プレミアムカード ダイナースクラブ

無料

 ゴールドカードまでは原則的に本会員の半額で家族カードを追加することができます。プレミアムカード(プラチナカード)ではVISA/JCBは4,400円それ以外は原則的に無料となっています。

家族会員(家族カード)の条件

本会員と生計を同一にする配偶者・ご両親・お子様(18歳以上)は、年間のご搭乗実績にかかわらず家族会員にお申し込みいただけます。

 同じ世帯で両親と暮らしていたり、配偶者や子供がいる場合はプレミアムポイントの有無に関係なく発行することができます。しかも、本会員と家族会員の差はありません。あくまでも同じスーパーフライヤーズ会員として扱われます。

・年間多く搭乗しない場合でもANA Loungeを利用することができる。

 1度スーパーフライヤーズ会員になってしまえば、スーパーフライヤーズ会員の制度が無くならない限りクレジットカードの年会費を払い続けることで維持し続けることができます。そのため、年間多く利用しなくても国内線であればANA Loungeを利用し続けることができます。

・欠航などの振替の優先度の違い

 私も今まで気にしたことがありませんでしたが、数年前台風で空路が大乱れしたことがあります。そんな時にANA(全日空)に電話しても通常であれば待ち時間が多くかかります。また、便の振替を行う時もなかなか良い便に振替できなかったり時には空席待ちをすることがあります。そんな時にステイタスやスーパーフライヤーズ会員であれば、電話も通常よりも繋がりやすい番号を使うことができたり、空席待ちをしていても一般の人より優先的に対応してくれることがあります。また、羽田空港など大きな空港な場合、優先チェックインカウンターなどを利用することができ、空港でも通常り待ち時間が少なくて済む場合もあります。

・スターアライアンスゴールドメンバーとしてスターアライアンス系列の航空会社を利用するときに海外のラウンジを利用することができる。

世界中の1,000ヶ所以上のラウンジで利用することができます。スターアライアンス ゴールドステータスでは、どんなアライアンスよりも多くのラウンジをお楽しみいただけます。そして同伴者の利用もできます。

国際線のラウンジの場合は軽食類も用意されており、無料でアルコール類のドリンクも含む飲食を楽しむことができます。

スーパーフライヤーズカードを発行するデメリット

・通常のクレジットカードの年会費よりも年会費が高い場合がある。

年会費の差額

カードの種類 カードブランド 差額

ワイドカード

VISA・JCB・マスターカード 3,300円

ワイドゴールドカード

VISA・JCB・マスターカード 1,100円

ダイナースカード

ダイナースクラブ 1,100円

アメリカン・エキスプレスゴールドカード

アメリカン・エキスプレス

JCBカードプレミアム

JCB

VISAプラチナ プレミアムカード

VISA

アメリカン・エキスプレス・プレミアムカード

アメリカン・エキスプレス
ANAダイナース プレミアムカード ダイナースクラブ

 すべてのカードではありませんが、最大3,300円~1,100円年会費に差額がでてきます。そもそも飛行機を数年に1度しか乗らない場合などは必要かどうか微妙です。

 

まとめ

 私自身国内旅行がメインなので国内線のANA Loungeを使うことが非常に多いですが、アルコール類を含むドリンクは無料であるのはアルコール好きの私からすると非常に助かります(笑)空港でビール飲むと1杯800円とかするのでそれが無料なのは個人的には飛行機を乗るときの楽しみの一つです。

 スーパーフライヤーズカードを発行するために、プラチナステイタスを得るのにもキャンペーンなどを除くと平均40万円~50万円かかります。スーパーフライヤーズカード(SFC)を発行してからも年間最低でも1万円以上は年会費がかかってしまうクレジットカードですので飛行機をほとんど乗ることが無い人には無縁の世界化もしれないですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です