日立の木で有名な「モアナルア」観光スポットと治安は!?

スポンサーリンク

日立の木で有名な「モアナルア」観光スポットと治安は!?

有名な日立のCM「この~木なんの木、気になる木~名前も知らない木ですから~♪」の木ってどこにあるかしってますか?ブログの中にも書いていきますがハワイ(オアフ島)の「モアナルア・ガーデンズ」にその木はあります。私も小さいころから聞いたことあるCMでずっとどこにあるのだろうと考えていました。そんな木がある「モアナルア」地域について観光スポットと治安についてまとめてみました。

モアナルアってどこにあるの?

ホノルル空港(ダニエル・K・イノウエ空港)からすぐ近くのところにあります。ホノルルから車で約15分、バスで約40分、レンタサイクルで約40分のところにあります。

モアナルアのおすすめの観光スポットは!?

ホノルル空港(ダニエル・K・イノウエ空港)からすぐ近くのところにあります。ホノルルからもそんなに離れている距離ではないのでレンタサイクルを借りて約40分ほどかかりますが、サイクリングでいくのもおすすめです。子供がいる場合はバスでいくよりもレンタカーを借りていったほうが移動するときに楽です。

モアナルア・ガーデン

最近の子供たちはあまり聞きなれないかもしれませんが、親世代の私たちなら誰もが1度は聞いたことがある日立のCM「この木なんの木」の木です。ここを訪れる人の大半は日本人観光客です。公園には「日立の樹」以外にも日本庭園風の池やチャイニーズシアターと呼ばれている西洋風の建物があります。公園を訪れる多くの人はこの「日立の樹」を持てめてくる人がとても多いです。

営業時間

8:00~17:00(年中無休)

入園料

大人:5ドル

子供(6歳~12歳):3ドル

6歳未満:無料

一昔前は無料だったそうですが、「日立の樹」を維持していくために入園料が徴収され始めたようです。

天気がいいととても気持ちよく過ごすことができます。「日立の樹」が1本だけかと思ったら大小含めると10本くらいあったような気がいします。一番大きい樹(モンキーポッド)が樹齢130年もあるそうです。車で行く人よりもツアーで回ってくることが多いようで駐車場は比較空いていました。時間帯によっては入園者が少ないためレンタカーなどで来ると車上荒らしにあってしまうこともあるそうなので注意が必要です。

モアナルア・バレー・トレイル・スタート

この場所以外にも「モアナルア」周辺ではトレッキングを楽しめる場所が多くあります。その中でもここは距離が往復で20キロもありなかなかきつい道のりだそうです。子供を連れていくにはそれなりに練習をしてから行くことをおすすめします。タイミングによっては霧などで展望がいまいちのこともあるそうです。行く場合は事前準備をしっかりしてから行くようにしましょう。

モアナルアの治安は!?

空港が近いこともあり、そこまで治安が悪いと感じたことはありませんでしたが、レンタカーでモアナルア・ガーデンやトレッキングを予定している人はなるべく貴重品類は車内に残さないようにしましょう。モアナルア・ガーデンで「日立の樹」の写真を撮るだけなら滞在時間は15分程度で良いと思いますが、ゆっくりしていると何時間でも入れるくらい心地良い時間を過ごすことができます。トレッキングについても1度駐車場から離れると長い時間車を駐車しておくことになるため、レンタカーなどは車上荒らしのターゲットにされやすいそうです。

モアナルアまでのおすすめな行き方は?

レンタカー

 観光スポット自体が「日立の樹」(モアナルア・ガーデン)を見ること以外では少なく、長時間滞在するというよりは時間調整などで立ち寄ることをおすすめします。そのため、レンタカーで来てそのまま次のスポットのいくことが一番効率が良いです。

【別記事】ハワイではじめてのレンタカー体験記事はこちら

初めてでも大丈夫!ハワイでのレンタカードライブ体験

まとめ

 観光スポットはモアナルア・ガーデン(日立の樹)を見るために行く地域です。そのため、この地域のみで1日を過ごすというよりもドライブの行程の中に立ち寄る程度に入れることが良いのかもしれません。私たちも「カポレイ」から「ワイキキ」に戻るときにふらっと立ち寄る程度でした。朝も早くから行くことができるのでワイキキから郊外にいくときに行程に含んでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です