なぜ人気なの?子供とハワイ旅行メリットとデメリット4選

スポンサーリンク

なぜ人気なの?子供とハワイ旅行メリットとデメリット4選

 子供と海外旅行に行く場所の上位にランクインしている「ハワイ」ですが、なぜハワイが上位に入っているのでしょうか?2019年に子供を2人(長男:2歳、二男:0歳)を連れてハワイ旅行に行きなぜハワイが上位にはいるのかなんとなく感じ取ることができたので体験談も含めまとめてみました。

ハワイ州とは!?

 ハワイ=オアフ島のイメージが強い人も多いと思いますが、ハワイ州にはオアフ島のほかにも島がありそれぞれの島には自然が豊かです。ハワイ州の中でも特に人気な島が「オアフ島」です。そんな「オアフ島」に7泊9日子供2人と夫婦で滞在をしました。そこで体験したメリット、デメリットについてご紹介します。

子供とハワイ「メリット」は!?

子供(長男:2歳+二男:0歳)を連れて初家族海外旅行をしてきました。行く前までにいろいろ調べていきましたが滞在中に感じた良かった点(メリット)についてご紹介したいと思います。

飲料水の心配がいらない

 基本的にオアフ島の水道水は安全に飲むことができます。海外にいくとまず水道水=危険というイメージがありますがオアフ島については問題なく飲むことができます。赤ちゃんにミルクを与えるときにも使用すことができ子供が小さいときにつれていっても荷物を多く用意する必要性がないのがとても良いです。

【別記事】不安解消★ハワイでの調乳水はこれに決まり!!

不安解消★ハワイでの調乳水はこれに決まり!!

子供用品のレンタルが充実している

 日本人や世界中の観光客が多く集まることもあり、レンタル用品が充実しています。ベビーカー、チャイルドシートなどは日本から持ち込む必要は無く有料もしくは無料でレンタルすることができます。そのため、空港からホテルまで移動するときに子供がある程度歩いてくれたり抱っこ紐があれば両手が空くのでカバンを持つことができます。

【別記事】ハワイでベビーカーをレンタル?持ち込み?現地調達?

ハワイでベビーカーをレンタル?持ち込み?現地調達?

【別記事】ハワイでチャイルドシートを現地調達価格は?持ち帰りはできるの?

ハワイでチャイルドシートを現地調達価格は?持ち帰りはできるの?

トロリーバスが充実している

 人気の観光スポットのワイキキ周辺ではトロリーバスが充実しており、移動する手段にタクシーやレンタカーを使うことなく移動することができます。遠出をしたい場合は、ザ・バスを利用することで地方へ行くこともできます。ただし、場所によっては本数が少ないので注意が必要です。

【別記事】子連れでハワイおすすめな移動方法は!?レンタカー?トロリー?タクシー?

子連れでハワイおすすめな移動方法は!?レンタカー?トロリー?タクシー?

子供が楽しめるスポットがある

 写真はワイキキ水族館での水中観察について子供たちが受けてる写真です。英語での説明なので子供に生の英語を触れさせる良い経験をすることができます。水族館のほかにもホノルル動物園や日本でいうキッザニアのような施設もあり楽しむことができます。大人も子供も楽しむことができ、子供たちに英語を触れさせる機会も作ることができとても良い経験ができます。

【別記事】オススメスポット!! 2歳と0歳11か月も楽しむハワイでの水族館体験記

オススメスポット!! 2歳と0歳11か月も楽しむハワイでの水族館体験記

子供とハワイ「デメリット」は!?

 夫婦、カップル、友達との旅行とは異なり、自分たちのペースで動くというよりは子供たちに合わせて動くようになります。そのため子供を連れてハワイへ行くときに気を付ける点(デメリット)についてご紹介していきます。

予定を詰め込みすぎない

 子供がいるとどうしても子供のペースに合わせながら行動することになります。大人だけの旅行の場合、食事をとる時間を短縮したりすることができますが子供がいるとそういうわけにはいきません。私たち夫婦も当初はオアフ島をレンタカーを借りて一周する予定でしたが結果として1周をすることはできませんでした。観光しながら食事しながら子供と遊びながらといると思っている以上にスケジュール通りに進みません。私たち家族は予定していた行程の3割程度ほどしかできませんでした。

ワイキキでの海外感はゼロ!?

 日本人に大人気のハワイ。そのため、ワイキキ、ホノルル周辺は日本人が多いです。買い物をしているときや信号待ちしているときには日本語を聞く確率はとても高いです。トロリーバスについては日本人の乗車率8割くらいあるんじゃないのってくらい日本人が乗車しています。そのため、せっかく海外に行ったのに日本の原宿に行ったような感じになります。

子供と食事に困る!?

 子供が小中学生以上になるとなんでも食べることができるので気軽にレストランに入ることができますが、今回私たちは長男:2歳、二男:0歳でハワイへ行きました。そのため、長男にはある程度食べさせることができましたが、二男はまだ離乳食を食べているのでなかなかレストランに入ってゆっくり食事をとることができませんでした。

旅行荷物が多くなる

旅行に行くスーツケースの数や外出するときにどうしても荷物が多くなります。そのため、肩や腰に疲労感が溜まります。子供を連れての海外旅行は体力勝負と感じるほど疲労感があります。スーツケースについても、子供用品を多く持っていくようになり、数が増えます。しかも、スーツケースを押すのは私と妻、手は合計4本です。そこに子供を抱っこしたりちょろちょろ動く長男を見ていると移動するだけで一苦労でした。荷物についてはなるべく減らして持っていくことをおすすめます。

まとめ

 今回は、子供を連れてハワイ旅行をするときのメリット(良かった点)とデメリット(気を付ける点)についてまとめてみました。子供と海外旅行にいくと思ってる以上にスケジュール(行程)が進まなかったり、荷物が多くなり疲労感やストレスが増すことがあります。しかし、子供たちには良い体験をさせることができるので親の私たちは大変ですがぜひ子供が小さい時から海外旅行へチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です